気まぐれ江戸一君は、たまにどおーしても私と一緒に寝たい時がある。
どんなに眠くても私の歯磨きが終わるまで足元で待っています。
ユーの頭、ゆらゆらしすぎだぜ!
関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL